稲荷山古墳で出土した非常に価値のある国宝の剣を復元

非常に価値のある国宝の剣を復元したのだそうで、6年もの歳月を費やして可能な限り忠実に復元し、一般に公開されているのだそうです。

稲荷山古墳で出土した国宝に指定されている鉄剣で、その長さは73.5センチの金錯銘鉄剣として知られている貴重な剣なのだそうです。

その古い剣を研究者や彫刻師などが協力して、古代の刀剣の研究のために6年の歳月をかけて復元したのだそうで、特徴が似た研ぎ石を利用する等、様々な工夫をしているそうです。

そして博物館で一般に公開されたようですが、見事に国宝の鉄剣が復元されて展示されており、見学しに訪れた顧客がかなり感動しせるレベルのようです。

非常に難しい古代の技術が時々ありますが、見事に再現できたということで、見学できる機会があればぜひ見てみたいものですね。